プロフィール|Ryota

こんにちは!
Rtyotaと申します。

ボクは筋トレとお料理と箸置きが大好きで、「筋肉料理研究家」兼「箸置き評論家」を勝手に名乗っています!

今、ボクはフィジークの大会出場を目指して(目標はライアン・テリー)毎日筋トレとお料理を頑張っています。

まだまだ細いですが、初対面の人からは高確率で「何かスポーツされているんですか?」と聞かれるようになりましたし、自分で言うのも何ですが超ポジティブで、メンタルもメチャクチャ強いです。

しかし、ボクは数年前まで、

  • 身長169.5cmで体重87kg&体脂肪率30%で服のサイズXLでパツパツ
  • 自殺に失敗して前歯を2本折る&唇は縦に真っ二つに割れて精神病院に入院
  • 生活習慣&食生活メチャクチャで髪の毛ハゲかけ
  • 鬱で精神安定剤が手放せない
  • 超ネガティブな性格

でした。

ボクは筋トレを始めるまで、肉体的にも精神的にもコンプレックスまみれで、”超”がつくほどメンタルが弱い人間でした。

筋トレに出会うまでのいきさつ

ボクが筋トレに出会うまでには、紆余曲折がありました。
学生時代にはほとんどスポーツ経験はありませんし、自分にはカラダを動かすことは向いていないとさえ思っていました。

子供の頃・学生時代

メンタルの弱さは子供の頃・学生時代から顕著でした。

幼稚園の時はスイミングスクールに通うものの、親が心配するほど泣きじゃくって、メンタルの弱さからすぐに辞めてしまいました。

小学生の時は友達はサッカーや野球のクラブに入っているのに、メンタルの弱さから何のクラブにも入らず。

中学生の時はソフトテニス部に入学するも、メンタルの弱さからほとんど幽霊部員で3ヶ月で退部し、学校も軽い登校拒否。

高校生の時は吹奏楽部に入学するも、メンタルの弱さから3~4回練習して3ヶ月で退部。

猛勉強して現役で大学に合格&入学するも、メンタルの弱さから1年で中退。

そこからアルバイトをするのも怖くて、メンタルの弱さから半年くらいニート生活。

とまぁ、書いていて自分でもイヤになるくらいのメンタルの弱さ!!!

「メンタルを強くするためにはどうすればいいのか」

その答えを見つけることは、ボクの人生における最重要課題でした。

漫才師を目指して

ニート生活の後、何とかアルバイトを始めて1年半くらい経った頃、ボクは一念発起します。

子供の頃からの夢だった漫才師を目指し、何と吉本興業の養成所「大阪NSC」に入学することにしたのです!

入学金の40万円は、頭を下げて母親に借りました。

コレまでメンタルの弱さから、困難から逃げてばかりだったボク。

「今回ばかりは逃げるわけには行かない!」

と必死で漫才のネタを作りました。

その甲斐あってか、アマチュアの賞ながら初舞台で審査員奨励賞受賞&NSC在学中にM-1グランプリの1回戦突破(NSC在学中に1回戦突破できるのは、毎年大体5組程度です)し、まさに順風満帆なスタート!

が、そのM-1グランプリの1回戦の後にとある事件が…。

当時のボクは23歳で、相方は何と中学を卒業したての16歳の男の子。
ボクがボケで相方がツッコミでしたが、ネタは一言一句ボクが書いていました。

ボクも下手くそでしたが相方はもっと下手くそで、ネタ見せの授業(講師の方や他の同期の生徒を前にして、漫才やコントなどのネタを披露する授業)や舞台で、毎回ネタをトチる(間違える)のです。

そしてあろうことか、相方はM-1グランプリの1回戦でもトチったのです。

ボクは怒って相方に、「2回戦を最後に解散しよう」と申し出ました。

相方は了承してくれましたが、その日から全く連絡が取れなくなりました。
結局2回戦には出場することができなくなり、ボクは泣く泣くM-1グランプリの事務局に出場辞退の電話をしました。

コンビ解散後はどうしていいのか分からず、徐々にNSCに通うのがイヤになってきました。

そして遂に、メンタルの弱さからNSCにも通わなくなりました(卒業公演に出ていないので、ボクの最終学歴はNSC中退です)。

子供の頃からあれだけ憧れた漫才師の夢も、自分から逃げてしまったのです。

介護事業

漫才師の夢を諦めきれずに悶々としていたとき、両親が介護事業を立ち上げました。

両親は銀行から借り入れをしていなかったので、最初はなかなか人を雇えませんでした。
そこで、「よかったら手伝ってくれないか?」と誘いを受けました。

メンタルの弱さから、子供の頃・学生時代には散々心配をかけ、親からお金を借りてまで入学したNSCも中退。

介護の事なんて全く分かりませんでしたが、

「何とか親に恩返しがしたい」

という一心で、ヘルパーの免許を取り、調理師の免許を取り、福祉有償運送運転者講習に行ったり、防火管理者の講習に行ったり…とにかく必死でした。

はじめのうちは、手取りの給料が7万円。
10万円にアップしてもらえたときには、小躍りしたのを覚えています。

しかし、どうも介護の仕事が自分には合っていなくて、事業を手伝い始めて3年くらい経った頃、ボクは転職活動を始めました。

しかし、そんな時に事件が。

父が病に倒れ、入院することになったのです。

母は書類作成等の事務作業は全くできないので、父が入院すると会社の運営・経営業務を行える人間がいなくなってしまいます。

そこで父が入院する間、ボクが父に代わって運営・経営業務を行うことになりました。
ボクは「父が退院するまでの間なら良いか」と思い、快く父の代わりを引き受けました。

しばらくして父は無事に退院し、少しずつ会社にも出勤し始めました。
しかし、その数カ月後に父は自宅で倒れて救急搬送され、

そのまま帰らぬ人となりました。

父が亡くなってからは、悲しんでいる暇がありませんでした。

給与計算、国への介護保険料の請求、ケアプランの作成・調整、会合等への出席、各自治体に提出する書類の作成、お客様への家賃・利用料の請求、雇用保険の手続きや社内文書の作成…

仕事は次から次へと降りかかってきます。
当然ながら、従業員も国もケアマネージャーも自治体もお客様も待ってはくれません。

「父が残した会社を、ボクがダメにしてはならない」

と、当時は必死でした。

そんな感じの日々が続いて、1年ほど経ったある日。
いつもどおりに会社で仕事をしていると、なんだか息苦しくなり、次第に手足がしびれ始めて、動けなくなってきました。

何とか携帯電話で母に連絡を取り、近くのクリニックで診てもらったら、ストレスからくる「過換気症候群」だと診断されました。

その頃から、精神安定剤が手放せなくなり、それまでは嗜む程度だったお酒の量も、加速度的に増えていきました。

一筋の光が差し込むも・・・

そんな状態ながらも仕事を頑張っていたボクに、一筋の光が差し込みました。

結婚を前提にお付き合いする、可愛らしい彼女ができたのです。

ボク達はすぐに仲良くなり、毎週のようにデートを重ねるようになりました。

・・・ところが、どうも様子がおかしい。

彼女が「お付き合いするのは初めて」ということは予め聞いていたので、ボクも「焦ってはいけないな」とは思っていましたが、結婚を前提にお付き合いをしているにも関わらず、1年経っても手を繋ぐだけなのです。

流石に業を煮やしたボクが問い詰めるたところ、彼女は、

「自分は異性愛者ではあるけれど、男性とそういう関係にはなれない障害を持っている」と告白したのです。

彼女にはそんなつもりは無かったのかもしれませんが、ボクは裏切られたような気持ちになり、絶望しました。

その時のボクにとっては、彼女の存在だけが心の支えだったからです。

ボクの中で何かが音を立てて崩れ、ここからさらに精神安定剤とお酒・食べることに逃げるようになり、生活習慣も乱れ、みるみる内に太っていきました。

精神病院に入院(1回目)

毎日のように精神安定剤を服用し、毎晩のようにストロングチューハイを4~5本飲み、毎週のように回転寿司に行っては20皿を食べ…そんな生活を送っていたボクは、あっという間に太りました。

鬱で精神安定剤が手放せず、性格はネガティブ、食生活も生活習慣もメチャクチャだったのでハゲかけていましたし、生きることがイヤで、毎日「どうすれば簡単に死ねるだろう」と考える日々。

そんなある日、ボクは遂に決意します。

自殺しよう

と。

しかし、思い切って決行したその自殺にも失敗し、前歯を2本折り、唇は縦に真っ二つに割れて、精神病院に入院することになりました。

元々読書好きだったボクは、何とかメンタルを強くしたいと思い、様々な本を読み漁りました。

自己啓発、精神医学、メンタルトレーニング、少し怪しい系の本…。
基本的に精神病院では、食事と入浴以外はほとんどすることがないので、200冊以上の本を読みました。

そして、その中の一冊がTestosteroneさんの「筋トレが最強のソリューション」だったのです。

ボクにとっては、まさに運命の出会いでした。
しかし、実は1回目の退院時はジムに2~3回通っただけで挫折しました。

退院したものの、やはり

自殺に失敗して精神病院に入院

という経験は、ボクの心に深い傷を残していました。
ボクは再び徐々に精神安定剤とお酒・食べることに逃げるようになりました。

遂には2リットルのウイスキーをラッパ飲みして倒れ、一度目の入院から1年ほどして、またしても精神病院に入院することになりました。

精神病院に入院(2回目)

2回目に入院した時に、あるおじいさんを見かけました。
そのおじいさんは恐らくアルコール中毒で、くたびれた姿で「先生スンマセン。また入院しました」とボロボロの歯でニタニタ笑っていました。

それを見て、ボクの中で何かスイッチが入りました。
そして、ボクは決意しました。

「今度こそ何があろうとジムに通って、絶対にダイエットする」

と。

1回目の入院時は病室で本を読むか寝てばかりいたのですが、今度は毎日廊下を1万歩以上歩くようにしました。
次第に歩くだけでは物足りなくなり、階段を上り下りしたり、病室でスクワットや腹筋をするようにもなりました。

先生に「退院してから辛くなったり、お酒が飲みたくなったらどうする?」と聞かれても、

「ジムに通ってダイエットします」

と言い張りました。
正直、先生は訝しげでしたが、ボクの決意は揺らぎませんでした。

その後も病院で階段の上り下りやスクワットを続け、3ヶ月弱の入院生活で3~4kgくらいのダイエットに成功しました。

この小さな成功体験が、この後のジム通い・ダイエットを勢いづけてくれました。

退院後、ボクは再度ジムに通い始めました。
くじけそうになったときは、

「ここで諦めたら、また精神病院に入院することになる」

と自分を奮い立たせ、遂には2年半で25kgのダイエットに成功しました。

変わったのはカラダだけではありませんでした。
ダイエットに成功したおかげで自信がつき、自分のことが大好きになり、いつの間にか

メンタルも強くなっていました。

そのおかげですっかり筋トレにハマってしまい、今ではフィジークの大会を目指すまでになりました。

ボクの人生における最重要課題であった、

「メンタルを強くするためにはどうすればいいのか」

の答えがやっと見つかったのです。
ボクもその答えが、

「カラダを鍛える」

ことだとは思いませんでしたが、その事を教えてくれた「筋トレが最強のソリューションである」の著者であるTestosteroneさんはもちろん、生きる希望を与えてくれた筋トレやフィットネスそのものに、心から感謝しています。

最後に

ボクは元々メンタルが弱く、今まで色々なことから逃げてばかりいました。

しかし、筋トレだけは違います。

ボクは、

人生をかけて自分のカラダを鍛えることを極めます。
フィジークの大会も、出るからには優勝します。

ボクはこのブログを通じて、昔のボクのように、

自分の体型が嫌い
メンタルのことで悩んでいる

そんな方々に筋トレやフィットネスに興味を持ってもらい、一人でも沢山の筋トレ人口を増やしたい。

本気でそう考えています。

長いプロフィールを最後までご覧いただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました