プロフィール|Ryota

プロフィール
プロフィール

こんにちは!
Ryotaと申します。

ボクは筋トレとお料理が大好きで、「筋肉料理研究家」を勝手に名乗っています!

今、ボクはフィジークという競技の優勝を目標に、毎日筋トレとお料理を頑張っています。

まだまだ細いですが、初対面の人からは高確率で

「何かスポーツされているんですか?」

と聞かれるようになりましたし、自分で言うのも何ですが、

超ポジティブで、メンタルもメチャクチャ強い

です。

しかし、そんなボクも数年前までは、

  • 身長170cmで体重87kg&体脂肪率30%で服のサイズXLでパツパツ
  • 自殺に失敗して前歯を2本折る&唇は縦に真っ二つに割れて精神病院に入院
  • 生活習慣&食生活メチャクチャで髪の毛ハゲかけ
  • 鬱で精神安定剤が手放せない
  • イヤなことがあるとすぐにお酒に逃げる
  • 超ネガティブな性格で自分のことが大嫌い

というドン底の状態でした。

ボクは筋トレに出会うまで、

肉体的にも精神的にもコンプレックスまみれで、”超”がつくほどメンタルが弱い人間

だったのです。

筋トレに出会うまでのいきさつ

方位磁石
ボクの人生のコンパスは狂いまくり

ボクが筋トレに出会うまでには、紆余曲折がありました。

学生時代にはほとんどスポーツ経験はありませんし、自分にはカラダを動かすことは向いていないとさえ思っていました。

少し長くなりますが、その紆余曲折をお話します。

メンタル弱すぎ成長記

ボクのメンタルの弱さは子供の頃・学生時代から顕著でした。

幼稚園

スイミングスクールに通うものの、親が心配するほど泣きじゃくって、メンタルの弱さからすぐに辞める。

小学生

友達はみんなサッカーや野球のクラブに入っているのに、メンタルの弱さから何のクラブにも入らず家でTVゲームばっかり。

中学生

ソフトテニス部に入学するも、メンタルの弱さからほとんど幽霊部員で3ヶ月で退部し、学校も軽い登校拒否。

高校生

吹奏楽部に入学するも、メンタルの弱さから3~4回練習して3ヶ月で退部。

大学生

猛勉強して現役で大学に合格&入学するも、メンタルの弱さから1年で中退。

大学中退後

大学中退後はアルバイトをするのも怖くて、メンタルの弱さから半年くらいニート生活。

コイツ大丈夫か・・・?

とまぁ、書いていて自分でもイヤになるくらいのメンタルの弱さ!!!

そんな訳で、

「メンタルを強くするためにはどうすればいいのか」

その答えを見つけることは、ボクの人生における最重要課題でした。

漫才師を目指して

ニート生活の後、何とかアルバイトを始めて1年半くらい経った頃、ボクは一念発起します。

画像はイメージです

子供の頃からの夢だった漫才師を目指し、何とあの吉本興業の養成所「大阪NSC」に入学することにしたのです!

入学金の40万円は、アルバイトの貯金だけでは足りなかったので、頭を下げて母親に借りました。

コレまでメンタルの弱さから、困難から逃げてばかりだったボク。

「今回ばかりは、絶対に逃げるわけには行かない!」

と、必死で漫才のネタを作りました。

ここまで広い会場ではありませんでした

その甲斐あってか、NSC在学中にアマチュアの賞ながら初舞台で審査員奨励賞受賞、さらにM-1グランプリは1回戦を突破(在学中の賞受賞は珍しく、在学中にM-1の1回戦を突破できるのは毎年5組程)し、まさに順風満帆なスタート!

が、そのM-1グランプリの1回戦の後にとある事件が…。

当時のボクは23歳で、相方は何と中学を卒業したての16歳の男の子

ボクがボケで相方がツッコミでしたが、ネタは一言一句ボクが書いていました。

ボクも下手くそでしたが相方はもっと下手くそで、ネタ見せの授業(講師の方や他の同期の生徒を前にして、漫才やコントなどのネタを披露する授業)や舞台で、毎回ネタをトチる(間違える)のです。

そしてあろうことか、相方はM-1グランプリの1回戦でもトチったのです。

ボクは怒って相方に、

2回戦を最後に解散しよう

と申し出ました。

相方は了承してくれましたが・・・

その日から全く連絡が取れなくなりました。

NSCの社員さんも連絡を取ろうとしてくれましたが、それでも無理で、結局2回戦には出場することができなくなり、ボクは泣く泣くM-1グランプリの事務局に出場辞退の電話をしました。

電話をかける中年男性
本当にこんな表情で電話していたと思う

コンビ解散後はどうしていいのか分からず途方に暮れました。

NSCの社員さんは

「お前はネタが作れるんやから、モノマネでもなんでもええからネタ作って、授業に出ろ」

と仰ってくれましたが、憧れのM-1グランプリの2回戦に出場できなかったことがショックで落ち込み、徐々にNSCに通うのもイヤになってきました。

そして遂に・・・

メンタルの弱さからNSCにも通わなくなってしまったのです(卒業公演に出ていないので、ボクの最終学歴は大阪NSC中退(中退なので最終学歴とも言えませんが)です)。

子供の頃からあれだけ憧れた漫才師の夢も、

自分から逃げてしまった

のです。

介護事業

漫才師の夢を諦めきれずに悶々としていたとき、両親が介護事業を立ち上げました。

しかし、両親は銀行から借り入れをしていなかったので、最初はなかなか人を雇えません。

そこでボクは両親から、

「お前も手伝ってくれないか?」

と誘いを受けました。

メンタルの弱さから、子供の頃・学生時代には散々心配をかけ、母親からお金を借りてまで入学したNSCも中退。

介護の事なんて全く分かりませんでしたが、

「何とか親に恩返しがしたい」

その一心で、介護事業を手伝うことにしました。

その後ヘルパーの免許を取り、調理師の免許を取り、福祉有償運送運転者の講習に行ったり、防火管理者の講習に行ったり、法律の勉強をしたり…

とにかく必死でした。

この中から奨学金を返済

はじめのうちは、手取りの給料が7万円。

その中から大学の奨学金を返済し、当時飼っていた雑種の愛犬「リック」の餌を買っていました。

ご飯は施設の残り物を食べ、両親は会社に泊まり込みで働いていたので、ボクは実家でリックと二人暮らし。

お金は無く、この時期に同年代の友達と遊ぶこともできませんでした(NSCを中退したのが恥ずかしかったこともあります)が、食べるものには困りませんでしたし、何より愛犬リックとの暮らしはとても楽しかったことを覚えています。

しかし、実際に介護事業を手伝っていると、

高齢者の寿命を1~2年延ばすために若者や子どもたちの未来が犠牲になっている

という思い(※あくまでもボクの主観で、介護そのものを否定するつもりはありませんのであしからず)が募っていきました。

そして、ボクはその自分の心に嘘をつきながら仕事をするのが苦しかったので、介護事業を手伝い始めて3年くらい経った頃に転職活動を始めました。

しかし・・・

そんな時に事件が。

そりゃ入院するわ

会社に泊まり込みで働き、3年間1回も実家に帰って来なかった父が病に倒れ、入院することになったのです。

母は書類作成等の事務作業は全くできないので、父が入院すると会社の運営・経営業務を行える人間がいなくなってしまいます。

そこで父が入院する間、ボクが父に代わって運営・経営業務を行うことになりました。

ボクは

「父が退院するまでの間なら」

と、快く父の代わりを引き受けました。

しばらくして父は無事に退院し、少しずつ会社にも出勤し始めました。

しかし、その数カ月後に父は自宅で倒れて救急搬送され・・・

そのまま帰らぬ人となりました。

ボクはとてもショックでしたが、悲しんでいる暇はありませんでした。

本当にこのレベルで書類が山積み

給与計算、国への介護保険料の請求、ケアプランの作成・調整、会合等への出席、各自治体に提出する書類の作成、お客様への家賃・利用料の請求、雇用保険の手続きや社内文書の作成・・・

仕事は次から次へと降りかかってきます。

しかも、父も亡くなる直前は相当カラダにガタが来ていたのでしょう。

正直事務処理がメチャクチャで、父が行っていた仕事の進捗状況を把握することも難しい状態でした。

しかし、当然ながら従業員も国もケアマネージャーも自治体もお客様も、誰一人としてボクのことを待ってはくれません。

母はかなり落ち込んでいるし、当時のボクには、頼れる人も、助けてくれる人もいません。

ボクが泣くことは許されません。

さらに、父が亡くなった約3ヶ月後、必死で仕事をしているボクを支えてくれていた、愛犬「リック」も父の後を追うようにして息を引き取りました。

それでも・・・

ボクが泣くことは許されません。

「父が残した会社を、ボクがダメにしてはならない」

と、当時は本当に必死で働きました。

今度はボクの番

そんな感じの日々が続いて、1年ほど経ったある日。

いつものように会社で仕事をしていると、なんだか息苦しくなり、次第に手足がしびれ始めて、動けなくなってきました。

震える手で何とか携帯電話を操作して母に連絡を取り、近くのクリニックに運ばれて診てもらったところ、ストレスからくる「過換気症候群」だと診断されました。

その頃から、少しずつ精神安定剤を服用するようになり、それまでは嗜む程度だったお酒の量も、少しずつ増えていきました。

一筋の光が差し込むも・・・

そんな状態ながらも仕事を頑張っていたボクに、一筋の光が差し込みました。

結婚を前提にお付き合いする、可愛らしい彼女ができたのです。

ボク達はすぐに仲良くなり、毎週のようにデートを重ねるようになりました。

・・・ところが、どうも様子がおかしい。

彼女が

「お付き合いするのは初めて」

ということは予め聞いていたので、ボクも

「焦ってはいけないな」

とは思っていましたが、結婚を前提にお付き合いをしているにも関わらず、

1年経っても手を繋ぐだけなのです。

流石に業を煮やしたボクが問い詰めるたところ、彼女は、

「自分は異性愛者ではあるけれど、男性とそういう関係にはなれない障害を持っている」

と告白したのです。

神様はボクに厳しい

彼女にはそんなつもりは無かったのかもしれませんが、ボクは裏切られたような気持ちになり、絶望しました。

父は死に、リックは死に、自分の心に嘘をつきながらも何とか仕事を続けられていたのは、彼女の存在があったから。

しかし、その一縷の望みであった彼女にまで裏切られ

ボクの中で何かが音を立てて崩れ、ここから加速度的に精神安定剤とお酒・食べることに逃げるようになり、生活習慣も乱れ、みるみる内に太っていきました。

精神病院に入院(1回目)

毎日のように精神安定剤を服用し、毎晩のようにストロングチューハイを4~5本飲み、毎週のように回転寿司に行っては20皿を食べ…そんな生活を送っていたボクは、あっという間に太りました。

鬱で精神安定剤が手放せず、性格はネガティブ、食生活も生活習慣もメチャクチャだったのでハゲかけていましたし、生きることがイヤで、毎日

どうすれば簡単に死ねるだろう

と考える日々。

そんなある日、ボクは遂に決意します。

自殺しよう

と。

実はボクはいつでも自殺できるよう、七輪と練炭を購入し、車のトランクに積んでいました。

そして、それを実行に移そうと、夜中に車を走らせたのですが…

ボクは大切な事を忘れていました。

ボクは生まれてこの方、タバコを吸ったことも口にしたことがありません。

そのため、練炭に火を付ける物を持っていなかったのです。

七輪と練炭まで買っておいて、なんてツメが甘いんだ…

と思い、近くのコンビニに寄って、ライターと目張り用のガムテープ(これも忘れていました)を買ったまではよかったのですが…

ボクの記憶はここで一度途切れています。

気がつくと、病院で唇を縫われていました。

実は、コンビニに寄った時点で精神安定剤とお酒を大量に服用していたため、その時すでに意識が朦朧としていたのです。

病院でボクは

頼むから死なせてくれ!

とかなり暴れたらしいです。

そして翌日、精神病院に入院することになりました。

当時のボクには病院もこんな感じに見えていました

入院一日目、何とか自殺しようと考えてタオルで首を吊ろうと思いましたが、太っているので首周りの肉が多く、タオルの長さが足りず断念。

そもそも、精神病院の病室(特に最初に入れられる病室)はそういう事ができないように、タオルなどを引っ掛ける場所がありません。

ならば、

舌を噛み切れば良いんだ!

と思い、思いっきり自分の舌を噛み切ろうとしたのですが…

ボクは大切な事を忘れていました。

そうです。

その時のボクは前歯が2本折れているため、どんなに頑張っても自分の舌を噛むことができませんでした。

その後、お酒と精神安定剤の離脱症状が出たために幻覚が見え、暴れ、ベッドに拘束され、おむつを履かされました。

その時は、心の底から、本当に、本当に

死にたかったです。

しばらくして、独房みたいな部屋から大部屋に移される事になりました。

同時に本の持ち込みが許可されたため、元々読書好きだったボクは

自分を変えたい

との一心で、病室のベッドで様々な本を読み漁るようになりました。

読書を趣味にしていて本当に良かった

自己啓発、精神医学、メンタルトレーニング、少し怪しい系の本…。

基本的に精神病院では、食事と入浴以外はほとんどすることがなく、時間はたくさんあるので、軽く200冊以上の本を読みました。

そして、その中の一冊があのTestosteroneさんの

筋トレが最強のソリューションである

という本だったのです。

ボクにとって、その後の人生を変えてくれる事になる

運命の出会い

でした。

ジムに入会(1回目)

入会したのはこんなにカッコいいジムじゃないです

ところが、実は1回目の退院時に入会したジムは、2~3回通っただけで挫折しました。

やはり、

自殺に失敗して精神病院に入院

という経験は、ボクの心に相当深い傷を残していました。

そうこうしている内に、ボクは再び徐々に精神安定剤とお酒・食べることに逃げるようになりました。

そして、遂には業務用の4リットルのウイスキーをラッパ飲みして倒れ、一度目の入院から1年ほどして、またしても精神病院に入院することになりました。

精神病院に入院(2回目)

2回目に入院した時に、あるおじいさんを見かけました。

そのおじいさんは恐らくアルコール中毒で、くたびれた姿で

先生スンマセ~ンまた入院しました~

とボロボロの歯を見せてニタニタ笑っていました。

それを見て、ボクの中で

カチッ

っと、スイッチが入りました。

そして、ボクは決意しました。

何があっても絶対に逃げない

「今度こそ何があろうとジムに通って、絶対にダイエットする」

と。

1回目の入院時は病室で本を読むか寝てばかりいたのですが、2回目の入院時は毎日廊下を1万歩以上歩くようにしました。

次第に歩くだけでは物足りなくなり、階段を上り下りしたり、病室でスクワットや腹筋をするようにもなりました。

先生に

「退院してから辛くなったり、またお酒が飲みたくなったらどうする?」

と聞かれても、

「ジムに通ってトレーニングします」

とキッパリ言い張りました。

正直、先生は訝しげでしたが、ボクの決意は揺らぎませんでした。

その後も病院でトレーニングを続け、3ヶ月弱の入院生活で3~4kgくらいのダイエットに成功しました。

この小さな成功体験が、その後のジム通い・ダイエットを勢いづけてくれたと思います。

ジムに入会(2回目)

2度目の入会

2回目の退院後、ボクは再度ジムに通い始めました。

1回目に入会した時と同じジムだったので、最初は少し恥ずかしかったですが、もう以前のボクとは違います。

そのジムはマシンも少なく、フリーウエイトのエリアもほとんどありませんでしたが、そんな中でもボクはとにかく夢中でトレーニングしました。

くじけそうになっても、

「ここで諦めたら、また精神病院に入院することになる」

と自分を奮い立たせました。

お酒の量も減らし、食事にも気を遣うようになりました。

そうしてトレーニングを続ける内、次第に体つきが変わっていき…

人生の夜明けぜよ!

遂には2年半で25kgのダイエットに成功しました。

変わったのはカラダだけではありませんでした。

ダイエットに成功したおかげで自信がつき、あれだけ嫌いだった自分のことも大好きになり、いつの間にか

メンタルも強くなっていました。

そのおかげですっかり筋トレにハマってしまい、今ではフィジークの大会を目指すまでになりました。

ボクの人生における最重要課題であった、

「メンタルを強くするためにはどうすればいいのか」

の答えがやっと見つかったのです。

答えは一冊の本の中に

まさかボクもその答えが、

「カラダを鍛える」

ことだとは思いませんでしたが、その事を教えてくれた「筋トレが最強のソリューションである」の著者であるTestosteroneさんはもちろん、生きる希望を与えてくれた筋トレやフィットネスそのものに、心から感謝しています。

最後に

実は他にも、

市議会議員にまでなったおじいちゃんが生活保護になったことだったり…

自殺を決意したきっかけが母親にねずみ講の手伝いをさせられそうになったことだったり…

ダイエット成功後にお付き合いした彼女が1回のデートに8万円かかる女の子だったり…

と、それだけでスピンオフが作れそうなエピソードがまだまだあるのですが、ここでは省略します。

新しい景色が見えるのは楽しい

ボクは元々メンタルが弱く、今まで色々なことから逃げてばかりいました。

しかし、もう絶対に逃げません。

ボクは

自分の人生をかけて自分のカラダを鍛えることを極めます。

フィジークの大会も出場するからには優勝します。

これから日本では、残念ながら自殺を考える方が増えます。

そんな方々に、

ボク・ワタシも、筋トレしてみようかな

と、1人でも沢山の方にフィットネスや筋トレに興味を持ってもらいたいのです。

ボクはそのためなら、いくらでもピエロになります。

一度死んだつもりでいるので、怖いものなんてありません。

ボクは、

この使命を果たすために、死んだ父が前歯を折ってボクを生き延びさせてくれた

と、本気でそう思っています。

長いプロフィールを最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ボクと一緒に、筋トレとお料理で人生を変えましょう!!

タイトルとURLをコピーしました