スポンサーリンク

パーソナルトレーナー養成学校に半年間通ってみた

パーソナルトレーナー養成学校に半年間通ってみた筋トレ
パーソナルトレーナー養成学校に半年間通ってみた

こんにちは!
筋肉料理研究家のRyotaです!

コチラの記事では、ボクが実際にパーソナルトレーナー養成学校に半年間通ってみた、その体験談をお話します。

これから、

パーソナルトレーナーを目指そうという方や

養成学校に通って資格を取得しようと考えている方

の参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

入学当時のボクのスペック

ランドセルを背負う小学生
私もパーソナルトレーナーになる!

養成学校入学当時のボクのスペックは、

  • 年齢35歳
  • 12年間介護施設の運営をしていて、フィットネス業界は全くの未経験
  • ジムでのトレーニング週4~5回
  • パーソナルトレーニングを3ヶ月ほど受けた経験アリ
  • 書籍やYouTubeで自分なりにトレーニングや栄養の勉強をしている
  • 普段からカラダづくりの為に料理を作りInstagramにアップしている
  • 初対面の方には「ガッチリしていますね」と言われるが、トレーニーの中ではまだまだ細い方
  • パーソナルトレーナーは国家系の資格が無いとなれないと思っていた

こんな感じでした。

自分で言うのもなんですが、ちょっと変わったスペックですね。

ボクが選んだパーソナルトレーナー養成学校

木製の机と椅子
パーソナルトレーナーは空気椅子がデフォ

パーソナルトレーナー養成学校はいくつかありますが、ボクは【プロジム】さんという養成学校を選びました。

パーソナルトレーナー資格学校はプロジム [公式] 大阪|神戸
About us プロジムは、一流のパーソナルトレーナーを育てるパーソナルトレーナー養成スクールだ。就職・独立を想定したカリキュラム・週1日半年間の通学で、パーソナルトレーナーとして身につけるべき全てが学べる。 プロジムをもっと知る プロジムの資格・就職支援はこちら 入学案内はこちら

選んだ理由は以下の通り。

  • 「パーソナルトレーナー養成学校」でググったら一番最初に出てきた
  • 自宅から近い
  • 講師のレベルが高そう
  • NSCA-CPTの対策講座がある

こんな感じでした。

当時のボクは「NESTA」と「NSCA-CPT」の違いもよく分かっておらず、「とりあえず取れる資格は全て取りたい」と思っていたので、NSCA-CPTの対策講座があるのは凄く魅力的でした。

が、実は【プロジム】さんを選んだ一番の理由は、「ググったら一番最初に出てきた」です。

以前のボクは

石橋を叩いてその場から去る

というくらい慎重で臆病だったのですが、筋トレのおかげで

考える前に動こう

という発想になっていました。

なので、特に他の養成学校との比較はせず、最初から入学するつもりで説明会に行き、帰ってすぐに入学の申し込みをしました。

入学金・受講料

割れた貯金箱
お年玉貯金で足りるかな…

さて、気になる入学金・受講料は…

申込書の控え
ガチの控え

6ヶ月で合計668,800円!!

この金額を高いと見るか安いと見るかは人それぞれだと思いますが、スポーツ系の専門学校に通えばもっとお金かかりますし、資格が取れる(最終的に取れるかどうかは自分の頑張り次第ですが)事を考えると、妥当な金額だと思います。

何より、

実際に現場で活躍されているパーソナルトレーナーの方に指導してもらえる

というのは、フィットネス業界未経験のボクにとっては、金額に代えがたい魅力がありました。

授業内容

居眠りする女学生
起始停止…

授業は週一回で期間は半年、ボクは「日曜日の10時~14時のコース」に申し込みました。

カリキュラム

以下が実際のカリキュラムです。

座学

  • 基礎解剖学
  • 運動生理学
  • 特別な集団
  • プログラム設計
  • 評価
  • 栄養学
  • ダイエットと肥満
  • カウンセリング・サービス力
  • スポーツ医学
  • 日本赤十字救急法講習会(新型コロナウイルスの影響で実施は無し)
  • NSCA-CPT対策講座(最大4回でボクが受けたのは2回)

実技

  • 脚部トレーニング
  • 肩・腕トレーニング
  • 背部トレーニング
  • パーソナルトレーニング実践
  • 総合実技テスト

良かった点

サムズアップする女性
イイネ!

前半で基礎的な内容を勉強できた

ボクがNSCA-CPTの試験勉強を本格的に初めたのは7月中旬で、試験に合格したのは9月中旬でしたが、授業で基礎的な内容を勉強できていたので、NSCA-CPTのテキストも割とすんなりと読み進められました。

なんの知識も無く、いきなりNSCA-CPTのテキストを開いていたら、訳が分からず心が折れていたかもしれません。

NSCA-CPT対策講座

↓コチラの記事↓でも紹介していますが、NSCA-CPTには過去問がないので、問題を解く機会が少ないです。

なので、対策講座で模擬問題を解けたのは凄く良かったです。

1人で勉強していたので不安でしたが、1回目の対策講座で9割くらいの点数が取れ、とても自信がつきました。

実際にカラダを動かしてフィードバックをもらえた

実技では、正しいトレーニングフォームやエラー動作をカラダを動かしながら指導してもらえたので、クライアントに指導する感覚も掴めましたし、自分のトレーニングのレベルも上がりました。

普段の自分のトレーニングフォームが正しいとは限らないので、現場で活躍されているパーソナルトレーナーの方に自分の動きを見た上でフィードバックをもらえるのは、凄く為になりました。

残念だった点

座り込む女性
電車で通わなきゃ…

途中から学校の場所が変更になった

申し込んだ学校の場所は、ボクの自宅から自転車で5分くらいのパーソナルジムの一角でした。

しかし、そのパーソナルジムが日曜日にも営業をするようになったらしく、途中から学校の場所が変更になり、電車で20分くらいかけて通わなければならなくなりました。

新型コロナウイルスの影響で受講者が減ったらしく、3人(途中から2人になりました)と少数だったこともあったのでしょうが、いきなり学校の場所が変更になり面食らってしまいました。

前半の座学がオンラインに

コレは新型コロナウイルスのせいなので仕方ないですが、前半の座学はオンラインになってしまいました。

オンラインは「環境さえあれば授業をいつでもどこでも受けられる」というメリットはありますが、講師の方の熱気や空気感が伝わってこないので、ボクには向いていませんでした。

とは言え、繰り返しになりますが、新型コロナウイルスがあそこまでの事になるとは誰にも予想できなかったので、この点は仕方がないです。

日本赤十字救急法講習会が中止に

コレも新型コロナウイルスのせいで仕方ないですが、NSCA-CPTを受験するには日本赤十字救急法講習会の修了証明書の提出が必須です。

この講習会は中止になり、結局動画を視聴してミニテストを受け、修了証を印刷して送付すれば良いことに。

これも新型コロナウイルスのせいなので、まぁ仕方がないです。

ちょいちょい資料に誤字脱字・順番がテレコ

コレは細かい事ですが、ボクは12年間介護施設の運営に携わり、各自治体に提出する書類や申請書を作成していました。

なので、ちょいちょい配布資料に誤字脱字があったり、資料が綴じられている順番がテレコ(「あべこべ」や「互い違い」の意味)だったりするのが気になってしまいました。

誤字脱字は校正ツールを使えばすぐに分かりますし、資料の順番は配布前に確認すればいいだけなのですが…。

まぁ、多少の誤字脱字だったら意味が分かりますし、資料は自分で綴じ直せばいいだけなので、ボクが細かいだけかもしれません。

まとめ

認定証
額に入れて飾っています

という訳で、実際にボクが6ヶ月パーソナルトレーナー養成学校に通った体験談をお話ししました。

養成学校に通ったからと言って、絶対に資格を取れる訳でもありませんし、すぐに売れっ子パーソナルトレーナーになれる訳でもありませんし、お金もそれなりにかかります。

しかし、実際に現場で活躍されているパーソナルトレーナーの方に教えていただける訳ですから、受講料なんて安いものです。

そして、その金額に見合う、いやそれ以上のモノを、自分で生み出せば良いのです。

ビシッ!!

何もかも自分次第です!

この記事が、これからパーソナルトレーナーを目指そうとしている方や、パーソナルトレーナー養成学校に通って資格を取得しようとしている方の参考になれば嬉しいです!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

◆36歳独身/パーソナルトレーナー/大阪
◆筋肉料理研究家
◆箸置き評論家
◆調理師免許
◆NSCA-CPT
◆最終学歴大阪NSC中退

自殺に失敗し前歯は2本折れ、唇は縦に真っ二つ!
ドン底から2年半で25kgダイエットに成功&デブ・ハゲ・ネガティブ・うつ・アル中を克服!
筋トレとお料理のおかげで、たまに学生に間違われますがアラフォー♪

一緒に筋トレとお料理で人生を変えよう!

>>プロフィールはコチラ

Ryotaをフォローする
▼ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いしマッスル!▼
人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へレシピブログランキング
筋トレ
スポンサーリンク
Ryotaをフォローする
筋肉料理研究家 Ryotaのレシピブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました