▼今なら夏に間に合う!オンラインパーソナルも受付中!▼
パーソナルトレーニング申込み受付中

【練習問題アリ】ボクが2ヶ月でNSCA-CPT試験に一発合格した勉強方法

NSCA-CPT資格認定証パーソナルトレーナー
ボクが2ヶ月でNSCA-CPT試験に一発合格した勉強方法

こんにちは!
筋肉料理研究家Ryotaです。

この記事では、学生時代運動経験ゼロのボクが「2ヶ月でNSCA-CPT試験に一発で合格した勉強方法」をお伝えします。

NSCA-CPT資格試験は受験するだけで1回【46,000円(税込み)】なので、絶対に一発合格したいですよね!

この記事が

  • パーソナルトレーナーを目指している
  • 現在NSCA-CPT取得にむけて勉強中

というかたの参考になればウレシイです!

大丈夫、アナタも合格できる!

受験当時のボクのスペック

レッグエクステンションは単関節…

最初に、受験当時のボクのスペックをご紹介します。

  • 学生時代スポーツ経験ゼロ
  • 普段からジムに通っており、一般的なトレーニングメニューは知っている
  • 本やYouTubeなどで、トレーニングの勉強をしている
  • 週1回1日4時間授業のパーソナルトレーナー養成学校に通って勉強し、NSCA-CPT取得講座に申し込んでいる

という感じでした。

変なスペック!

勉強に使用したモノ

公式テキスト・公式問題集

NSCA-CPT公式テキスト
NSCA-CPT公式テキスト

コレがないと話になりません。

少しお高いですが、問題集も必須

問題集にはDVDが付属しており、実際の試験で出題されるビデオ問題の雰囲気もつかめます

バーベルについてる透明のプレートが気になる!

メルカリで販売されている問題集

またクーポンの通知が来てる…

どんな資格試験でも過去問を解くことは有効な勉強法ですが、NSCA-CPTには公式問題集以外の問題集や過去問がありません。

なので、メルカリで販売されている問題集は、

  • 本試験の問題の雰囲気をつかむ
  • 知識を再確認する

という意味で非常に有効でした。

いくつか販売されていますが、「表紙に色鉛筆で描いたっぽいイラストが描かれているモノ」をオススメします。

しかし当然ながら、この問題集を完璧に解けたからといって、試験に受かるわけではないのでご注意を。

自作ノート

自作ノート
自作ノート

公式テキストは非常に分厚く、持ち運ぶのは大変です。

なのでボクは、問題集で間違えた部分や重要ポイントをまとめたノートをつくって持ち歩き、ジムに行くときの電車や信号待ち、ウーバーイーツの配達の待ち時間などのスキマ時間を利用して勉強しました。

「ウーバーイーツが勉強してる!」って驚かれた!

重要な部分や暗記したい部分をピンクのボールペンで書いて、そこを暗記シートで隠して勉強したのですが、コレは

  • 冠状動脈性疾患の危険因子
  • 目的に応じたトレーニングのレップ数・インターバル
  • ジムに設置する鏡の位置

など、数字に関する暗記モノとは、非常に相性がよかったです。

NSCA会員限定コンテンツの動画

動画を視聴する老人
ほう、デプスジャンプはこうするのか…

意外と知られていないのが、この会員限定コンテンツ動画。

NSCAのマイページの「コンテンツ」から、さまざまなトレーニング動画を視聴できます。

ボクの場合は

  • オリンピックリフティング
  • スピード&アジリティ
  • プライオメトリック

など、普段行わないトレーニングに関する動画はとても参考になりました。

パーソナルトレーナー養成学校のNSCA-CPT講座

居眠りする女の子
運動生理学むずかしすぎ…

受験当時、ボクはパーソナルトレーナー養成学校に通っていて、そこで「NSCA-CPT試験対策講座」に申し込んでおり、試験前に講師が作成した問題集をマンツーマンで2回解きました。

上記の通りNSCA-CPTには過去問がないので、問題を解く機会が少ないです。
なので当時のボクのように、

資格をとって、絶対にパーソナルトレーナーになりたい!

という方には、パーソナルトレーナー養成学校に通うことをオススメします。

それなりにお金がかかりますが、最短で合格するには一番良い方法です。

筋肉の使い方・鍛え方パーフェクト辞典

これは直接試験に関わるわけではありませんが、筋トレ種目と筋肉の使い方がわかりやすく、しかもオールカラーで解説されているので、とても参考になります。

このシリーズめちゃくちゃ参考になる!

勉強のポイント

テキストを読み込む

分厚いテキスト
凶器になる分厚さ

当然ですが、試験は公式テキストから出題されます。

ボクはそうでもありませんでしたが、分厚いテキストをイチから読んでいくのは辛いです。

しかも、はじめの第1章~第4章までは、筋系・心肺系・生体エネルギー機構・バイオメカニクス、と非常に難しい内容が続く上、この辺りは試験問題にはほどんど出題されません。

各章の最後には例題と応用問題が収録されているので、 そちらを読んでから本文を読むというのもアリです。

各PARTの勉強ポイント

では、気になる各PARTの勉強ポイントをお伝えします。

PART1 エクササイズサイエンス

第1章~第4章

重要な内容ですが、試験で出題されることはほとんどありません(ボクが受けたときは2~3問出題されていました)。

この辺りは難しい内容なので、ここで時間を取られるくらいなら、先に進んだ方がいいです。

第5章~第6章

短期的・長期的適応はチェックしましょう。

オーバートレーニングやディトレーニングの項目も重要です。

第7章

各栄養素の項目はチェックしましょう。

第8章

目標の種類、正と負の強化および正と負の罰は非常に重要です。

PART2 初回面談と評価

第9章

クライアントとの面談、参加前の健康評価スクリーニングはチェックしましょう。

冠状動脈疾患の危険因子は非常に重要なので、丸暗記しましょう。

第10章

信頼性と客観性は、その違いを抑えておきましょう。

テストの順番は非常に重要なので暗記しましょう。

第11章

脈拍の測定方法、血圧測定、皮脂厚測定、各テストがどんな項目を測定するのかチェックしましょう。

PART3 エクササイズテクニック

第12~第14章

各エクササイズの正しいフォーム、エラー動作は会員コンテンツ動画も利用して覚えましょう。

他のブログを拝見していると、

普段からトレーニングしているので、この章は勉強しなかった

という記事を見かけたりしますが、普段アナタが行っているトレーニングフォームやテクニックが、NSCAで正しいモノだと解釈されているとは限りません

必ずテキストや会員限定コンテンツの動画で、正しいフォームとエラーを確認しましょう

ここと次のPART4を完璧にできれば、合格はグッと近づきます!

第15~17章

普段ジムでトレーニングされている方でも、プライオメトリックトレーニングやスピードトレーニングは見たり行ったりする機会が少ないと思うので、しっかり確認しておきましょう。

テストではメチャクチャ出題されるので、レジスタンストレーニング同様、動画も含めて正しいフォームを確認しましょう。

PART5 特定のクライアント向けに

第18~第23章

各クライアントのプログラムデザインの項目はチェックしましょう。

特に「どんなエクササイズが禁忌になるのか」は非常に重要です。

PART6 安全性と法的問題

第24章

レジスタンストレーニングルームのガイドラインは重要なので、各項目の数字も覚えましょう。

機器の配置の仕方も重要です。

第25章

ここはほとんど出題されないので、チラッと目を通すだけで十分です。

問題を解く

悩む女子高生
これCSCSの出題範囲じゃない!

知識に自信がある方は、「まず問題を読んでみる、または解いてみる」というのもアリです。

公式問題集の解答には、「この問題で問われている内容が、テキストのどの章のどのページに記載されているのか」が書かれているので、間違えた問題は必ず確認しましょう。

ちなみに、問題集(実際のテストでも)では「NSCA-CPT」だけではなく、「NSCA-CSCS」の内容も出題されますが、CSCSのテキストを購入しなくても合格できます。

ややこしいから、CSCSの問題出すんじゃねぇ!!

復習する

熱血講師
パワーエクササイズに補助はいらないから!

問題で間違えた部分や、テキストの重要部分を自分なりにまとめ、復習しましょう。

テキストを読む→問題を解く→復習する

これを繰り返すのが、合格への近道です!

テスト本番

オフィスビル
試験会場は駅直結のオフィスビルを選びました

試験会場や日時は、事前に予約できるので、当日は遅刻しないように気をつけましょう。

テストは1問3択の選択式で、全てパソコンで行われます。

本人確認と写真撮影のあと、試験時間5分前に会場に入れますが、スマホや時計などの持ち込みはできません。

試験で使用できるのは、

  • 計算問題などを解くための「消せないタイプのホワイトボード」が2枚とペン
  • 消音用ヘッドホン
  • お手洗いに行きたいときのためのブザー

のみです(試験会場により異なるかもしれません)。

実際にテストを受けてみて

パソコンに乗る猫
見たことがないトレーニングだニャ―

テスト直前に受けたパーソナルトレーナー養成学校のNSCA-CPT講座では、8割~9割くらいの点が取れたので、講師からは

ゼッタイ受かりますよ!

とのお言葉をいただいていたので、安心してテストに臨みました。

…が、正直テスト中は

ヤベェ…。

と冷や汗をかいていました。

というのもビデオ問題のほとんどが、ボクの苦手な「プライオメトリックトレーニング」と「スピードトレーニング」から出題されていたからです。

なので、事前にもっと会員限定コンテンツの動画を見ておけばよかったと思います。

また、本番の試験問題は公式問題集やメルカリの問題集よりも、難しい言葉で書かれているように感じましたし、テキストに書かれていないことも出題されていました。

あと、パソコンのフォントがWindows2000のアンチエイリアスの効いていないMSゴシックみたいで見づらかったです。

試験時間は3時間ですが、2回の見直しを含めて90分程度で終了しました。

ボクは行きませんでしたが、お手洗いに行っている間も試験時間は経過するので、必ず事前に済ませておきましょう。

本番の緊張感エグい!!

結果

祈る男性
心の中は本当にこんな感じ

テスト終了後、受付でスコアレポートが渡されるので、結果はすぐにわかります。

ボクの結果は…

スコアレポート
スコアレポート

見事合格!

112点なので点数としては余裕で合格ですが、自信があった「2.プログラムデザイン」と「3.エクササイズテクニック」で計18点も落としてしまっています。

どの問題を間違っていたかはわかりませんが、やはりプライオメトリックトレーニングとスピードトレーニングで落とした点が大きいと思います。

しかし、試験は結果が全て!

合格後約2週間…

NSCA-CPT資格認定証
額に入れたい

無事、資格認定証が届きました!

最後に

はちまきを巻く女性
アナタも合格できる!

他の合格した方のブログを見ると、

  • 1日1時間1ヶ月の勉強だけで合格した
  • レジスタンストレーニングは勉強しなかった
  • 意外とカンタンだった

という記事もありますが、それらを鵜呑みにしてはいけません。

やはり試験には独特の緊張感がありますし、本番は想像していたよりも1.5倍難しかったです。

でも大丈夫!

ちゃんとテキストを読んで、問題を解いて、復習すれば、コレを見ているアナタも、絶対に合格できます!

この記事が、NSCA-CPT試験合格を目指す方の参考になれば嬉しいです!

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

大丈夫、アナタも合格できる!!

試験対策ポイント・問題集

この記事をご覧のかた限定で、試験対策のポイントと問題集をご用意しました。

今日行動しないヤツは、明日も行動しないし、一生行動しない!!

合格者からのメッセージ

ウレシイことに、合格者からメッセージをいただきました!

合格者からのメッセージ
合格者からのメッセージ

お力になれたのなら、本当にウレシイです!
けれど、合格できたのはアナタが一歩踏み出して行動して、そして頑張ったからです!

まとめ

NSCA-CPT資格試験対策|Ryota|note
NSCA-CPT資格試験対策のまとめです。

第5~6章

NSCA-CPT資格試験問題対策 第5~第6章 レジスタンストレーニングへの適応・有酸素性持久力トレーニングへの生理学的な応答と適応|Ryota|note
資格試験問題への出題は少なめなので、重要ポイントをおさえましょう。 ■第5章 【短期的適応】 ●神経系の変化 ・筋力の調節は何と何の相互作用により行われるか。 ・運動単位の動員は何の原理に基づいているか。 ●内分泌系の変化 ・同化ホルモン、異化ホルモンそれぞれの名称 ・長期的なレジスタンストレーニングによる骨...

第7章

NSCA-CPT資格試験対策 第7章 パーソナルトレーニングにおける栄養|Ryota|note
PART1の中では比較的わかりやすい内容なので、各項目の重要ポイントを押さえておきましょう。 【エネルギー】 ●エネルギー必要量に影響を及ぼす因子 ・安静時代謝率が1日のエネルギー消費量に占める割合 ・食事誘発性熱産生がエネルギー必要量全体に占める割合 などを覚えましょう。 【栄養素】 ●タンパク質 ・身体活...

第8章

NSCA-CPT資格試験対策 第8章 パーソナルトレーナーのための運動心理学|Ryota|note
この章では重要な単語がたくさん登場するので、各語句の意味をしっかり覚えましょう。 ■目標の種類 過程目標、成果目標、パフォーマンス目標、それぞれの違いを押さえましょう。 ■正と負の強化および正と負の罰 この章の最重要ポイント。 「正」=与える 「負」=取り除く 「強化」=嬉しい 「罰」=嫌 と覚えましょう。 ...

第9章

NSCA-CPT資格試験対策 第9章 クライアントの面談と健康評価|Ryota|note
この辺からグッと重要度が増すので、しっかりポイントを押さえましょう。 ■クライアントとの面談 パーソナルトレーナーとクライアントが初回面談で行うべきこと、その目的は必ず覚えましょう。 ■インフォームドコンセント インフォームドコンセントの必須要素は押さえておきましょう。 ■冠状動脈疾患の危険因子 この章最大...

第10章

NSCA-CPT資格試験対策 第10章 体力評価の選択と管理|Ryota|note
この章で最も重要なのは【テスト順序】です。 順序はもちろん、どのような方法でテストするのかも押さえておきましょう。 ■信頼性と客観性・妥当性 それぞれの言葉の意味を押さえ、その違いを理解しておきましょう。 あいまいだと出題されたときに混乱するので、具体例も押さえておきましょう。 ■クライアントに関連した要因 ...

第11章

NSCA-CPT資格試験対策 第11章 体力テスト法と評価基準|Ryota|note
前章で紹介されたテストの測定方法が紹介されているので、ポイントを押さえておきましょう。 ■心拍数 徐脈・頻脈の数値は覚えましょう。 また例11.1の換算表、【心拍数測定に影響を及ぼす要因】も重要です。 ■血圧 正しい測定手順は必ず覚えましょう。 【血圧測定の要点】【血圧測定に影響を及ぼす要因】は押さえておきま...

第12章

NSCA-CPT資格試験対策 第12章 柔軟性、自重、スタビリティボール・エクササイズ|Ryota|note
いよいよ【エクササイズテクニック】に突入。 このパートを完璧にできれば、合格が一気に近づきます。 ■柔軟性 年齢や性別の違いが、どのように柔軟性に影響を及ぼすのかを押さえておきましょう。 ■ストレッチング方法 各ストレッチング方法の名前、具体的なやり方は必ず覚えましょう。 特にPNFストレッチングは重要。 本...

第13章

NSCA-CPT資格試験対策 第13章 レジスタンストレーニングのエクササイズテクニック|Ryota|note
「ここは余裕!」という方も要注意! アナタが正しいと思っているフォームが、NSCA-CPTでも正しいとされているとは限りません。 NSCAの会員専用動画も含めて、正しいフォームとエラーを確認しましょう。 ■グリップ 各グリップの名前は必ず覚えましょう。 プロネイティッド・オーバーハンド、スピネイティッド・アンダ...

第14章

NSCA-CPT資格試験対策 第14章 心臓血管系のトレーニング方法|Ryota|note
ボリュームは少なめですが重要な章なので、しっかりポイントを押さえましょう。 ■水分補給 体重減少1ポンドにつき、どの程度の水分を補給すればいいのか覚えておきましょう。 ■シューズ 足の特性により、どのようなシューズを選べばよいのか覚えておきましょう。 ■マシンによるトレーニング マシンそれぞれの正しい使い方...

第15章

NSCA-CPT資格試験対策 第15章 レジスタンストレーニングのプログラムデザイン|Ryota|note
最重要章のひとつなので、ポイントを押さえておきましょう。 ■一般的なトレーニング原理 特異性、過負荷、バリエーション、漸進性、それぞれの意味と具体例は必ず覚えましょう。 ここで基本的な意味を理解していないと、次の段階へ進めません。 ■レジスタンストレーニングの主要な目標 筋持久力、筋肥大、筋力、筋パワー、それ...

第16章

NSCA-CPT資格試験対策 第16章 有酸素性持久力トレーニングのプログラムデザイン|Ryota|note
前章に比べて押さえるべきポイントが限られるので、しっかり確認しておきましょう。 ■運動様式 クライアントの目標によって、どのようなエクササイズ種目を選ぶべきなのか理解しておきましょう。 ■心拍数 この章の最重要ポイント。 「%年齢推定最大心拍数法(%APMHR法)」と「カルボーネン法」は必ず覚えましょう。 計...

第17章

NSCA-CPT資格試験対策 第17章 プライオメトリックトレーニングとスピードトレーニング|Ryota|note
超重要なこの章。 普段からジムでトレーニングをされている方でも、あまりしらないエクササイズが多いのに、本試験ではメチャクチャ出題されます。 ボクが試験を受けたときは、ビデオ問題の約7~8割がこの章からで冷や汗をかきました。 必ず会員専用コンテンツ動画も確認しておきましょう。 ■ストレッチショートニングサイクル ...

第18章

NSCA-CPT資格試験対策 第18章 前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント|Ryota|note
このPART5から「特定のクライアント向けに」突入。 ひとつひとつの章のボリュームは少ないですが、パート全体で考えるとかなりの量になるので、重要なポイントを押さえておきましょう。 ■前青年期の子ども レジスタンストレーニングがもたらす利点、ガイドラインを押さえておきましょう。 ■高齢者 こちらもレジスタンスト...

第19章

NSCA-CPT資格試験対策 第19章 栄養と代謝に問題を抱えるクライアント|Ryota|note
実際にパーソナルトレーナーとして現場に立つにあたって、たくさん関わることになる「体重過多・肥満」のクライアント。 そのためか、重要なポイントが多く挙げられています。 ■肥満 BMIは計算できるようにしましょう。 また、BMIがどれくらいだと体重過多・肥満になるのか判断できるようになりましょう。 ■エクササイズ...

第20章

NSCA-CPT資格試験対策 第20章 心臓血管系疾患および呼吸器系疾患を有するクライアント|Ryota|note
まだまだ疾患が続きます。 特有の難しい語句が並びますが、ポイントを押さえておきましょう。 ■高血圧 高血圧の定義はもちろん、どのように管理すればいいか、どれくらいの運動強度がいいかなど、ガイドラインを押さえておきましょう。 治療薬の効果は覚えなくてもいいですが、名前は問題に出てきたりします。 ■心筋梗塞、脳卒...

第21章

NSCA-CPT資格試験対策 第21章 整形外科的疾患や障害を有するクライアント|Ryota|note
疾患についての章もあと少し。 ふんばりましょう! ■傷害の分類 全ての傷害の詳細を覚えるのは非現実的ですが、ざっくりと違いを把握できるようにはなりましょう。 ■損傷後の組織修復 こちらも細かい反応をすべて覚えるのは非現実的なので、各段階でどんな反応が起こるのかをざっくり確認しましょう。 ■腰痛症 どんなエク...

第22~23章

NSCA-CPT資格試験対策 第22~23章 脊髄損傷、多発性硬化症、てんかん、脳性麻痺患者について・アスリートを対象にしたレジスタンストレーニング|Ryota|note
ふたつの章を合わせてもボリューム少なめなので、ポイントを押さえておきましょう。 ここまできたら、テキストもあと少し! ■第22章 【各疾患について】 各疾患の特徴やガイドラインには目を通しておきましょう。 ガイドラインの細かな数字や、処方薬などは覚えなくてもいいです(もちろん出題される可能性はあるので、覚えても...

第24~25章

NSCA-CPT資格試験対策 第24~25章 施設と機器の配置およびメンテナンス・パーソナルトレーニングの法的側面|Ryota|note
いよいよラストパート! ポイントは限られているので、しっかり押さえて確実に点にしましょう! ■施設の仕様に関するガイドライン 各項目の中で一番押さえておきたいのが【天井の高さ】【窓】【鏡】のガイドライン。 この3つの数字は必ず覚えましょう。 ■機器の配置 どんな風にマシンを配置すべきか確認しておきましょう。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました