お知らせ

現在デザイン変更中のため、一部ページにて画像・リンクなどが正しく動作しない場合がございます。鋭意修正中ですのでご了承くださいませ。

筋肉料理研究家Ryota
頑張って修正しているので少々お待ちください!

【体験談】うつ病克服のために意識していたこと3選

女性の笑顔

こんにちは!

筋肉料理研究家Ryotaです!

この記事では、自殺に失敗して精神病院に入院し、一時はベッドに拘束されるほどのうつ病だったボクが、鬱を克服するために意識していたことを「3つ」お伝えします。

この記事はあくまでもボク個人の体験談です。現在治療を受けている方、または受けようと思っている方は、必ず医師・薬剤師など専門家の指示に従ってください。

腸内環境を整える

腸内環境を整える

腸内環境を整える

幸せホルモンとしてしられる「セロトニン」は、そのほとんどが腸管でつくられます。

カンタンにいうと

筋肉料理研究家Ryota
腸内環境を整えるとセロトニンが出やすくなる

ということです。

ボクはうつで悩んでいるときは脂っこいモノや、味つけの濃いモノばかり食べていました。

そのため腸内環境は乱れ、便の状態も粘り気が強く、臭いもキツかったです。

しかし

  • キノコ・海藻類などの食物繊維が豊富な食品
  • キムチ・納豆 などの発酵食品

を食べるようになってからは腸内環境がよくなり、便もスルッと出て、臭いも弱くなりました。

なので、普段から「自分の便の状態を確認しておく」のはとても大切です。

腸内環境を意識するようになってからは、気分の浮き沈みが少なくなり、メンタルも安定しました。

ぜひ上にあげた食品を食生活に取り入れて、自分の腸にあった食材を見つけてください。

また、自律神経研究の第一人者である小林弘幸先生の本はオススメ。

先生の本に共通して書かれているのは「腸内環境を整えなさい」ということです。

筋肉料理研究家Ryota
腸は第二の脳です!

掃除する

掃除する

掃除する

部屋の状態は、自分の心の表れ。

脳科学的にも、 部屋の状態と心の状態というのはリンクしているらしいです。

うつのときのボクの部屋は、お酒の缶、薬の袋、ゲーム、本、服…ありとあらゆるモノが散乱していてグチャグチャでした。

しかし、いらないモノを捨て、こまめに掃除するようになったら、メンタルが安定しはじめました。

今では掃除機は毎日かけますし、2日に1回は拭き掃除・トイレ掃除もします。

なにもいきなり全てのモノを捨てたり、クタクタになるほど大掃除する必要はありません。

最初は自分の手が届く範囲でいいんです。

テーブル周り、ベッド周り、キッチン、洗面、お手洗い…と少しずつ掃除の範囲を広げていくと、いつのまにか部屋だけでなく心もピカピカ に !!

だまされたと思って、今からテーブル周りを掃除してみてください。

意外と心がスッキリしますよ!

筋肉料理研究家Ryota
まずは手の届く範囲から!

筋トレする

筋トレする

筋トレする

ぶっちゃけ、これが一番効果あります(笑)

筋トレといっても、なにもジムに行く必要はありません(行けるならそれが一番ですが)。

スクワットなら道具なしで、その場でできます!

体を動かしていると、いつのまにかモヤモヤが晴れて、心がスッキリ!

さぁ、今すぐスクワットしましょう!

筋肉料理研究家Ryota
考えるよりも動く!

まとめ

女性の笑顔

まずはできることから

以上、ボクがうつ病を克服したときに意識していたことを紹介しました。

今うつでお悩みの方はひとつずつでいいので、自分のできること・できる範囲から取り入れてみてください。

きっと心がスッキリしますよ!

筋肉料理研究家Ryota
一歩ずつ!

▼いつも応援ありがとうございます!▼

▼筋トレとお料理で、人生変わりました。▼
食べて痩せるパーソナル申し込み受付中

食べて痩せるためのお食事サポートします 筋肉料理研究家ならではの「食べて痩せる」ためのアドバイス
  • この記事を書いた人

筋肉料理研究家Ryota

◆大里亮太/大阪/37才
◆調理師免許
◆NSCA-CPT
◆最終学歴大阪NSC30期中退
◆ネクストフーディスト4期生
◆YouTubeチャンネル【俺の人生裸エプロン
◆運動経験ゼロ・自殺失敗で精神病院入院→パーソナルトレーナーに!
>>プロフィールはコチラ

-メンタル
-, , , ,